ダイヤモンドのネット購入前に付けたい知識!ダイヤ用語「場面」とは?

ダイヤの「場面」=面積

ダイヤモンドの用語で場面と言うものがありますが、これはインターネットで購入する前には必ず身につけたい知識になります。
場面が何か分からないままダイヤモンドを購入してしまうと手元に届いた時に想像とは違う商品が届いたと感じてしまう事もあり、ダイヤモンドの魅力が半減してしまうからうです。
ダイヤモンドの場面が面積だと言う事を理解できるようになるとインターネットで購入をする際にもギャップを感じる事も無くなりますし、手元に届いたと時も素直に喜ぶ事が可能になります。
インターネットでは実際につける事が出来ないので、用語を理解してから購入しましょう。

場面の広さと石の深さによって輝きが変わる

diamond-hitotubuダイヤモンドは場面が大きければ、大きいほど良いという訳でもありません。
場面の広さと石の深さによって輝きが変わる事になるので、インターネットで購入する際には広さと深さにも気をつける必要があります。
輝きの良いものを手に入れる為にも色々な角度の写真が撮影しているインターネットショップを利用する方が良いでしょう。
正面からの写真だけでは、角度などによる輝きを見ることができませんし、広さや深さも感じる事が難しくなってしまいます。
色々な角度の写真があれば、実物と同じように様々な角度から見ることが出来るので、安心です。

ネットで一生もののダイヤモンドを買うためのチェックポイント

4Çの各ランクがきちんと書かれているか

kanteiインターネットのおかげで、自宅にいながら欲しいものが簡単に手に入ります。
一生ものの高価なダイヤモンドもネット上のジュエリーショップで購入することが可能ですが、ネットショップで購入する場合はポイントを押さえて購入することが大事です。
ひとつは実績です。
長く安定した実績を持つジュエリーショップは、口コミでの人気も高く地域からの信頼も厚いケースが多いです。
ダイヤモンドは国際的な4つのCで価値が決まります。4つのCとはカラット、カラー、透明度、カットです。
透明度のグレードは、ダイヤモンドの鑑定機関が検査して総合的に判断します。
ダイヤモンドを選ぶ際は4Cの各ランクをチェックしてから選ぶことが大事です。

安すぎる場合は回避が吉

インターネット上のジュエリーショップには怪しいショップもあります。
相場に比べてあまりにも安すぎる場合は避けた方が無難です。
ジュエリーショップを選ぶ場合には、宝石の専門家がいるかどうかを確かめておきます。
長い歴史がある老舗のジュエリーショップなら、優れた鑑定眼を持つスタッフがいます。
宝石についてわからないことがある場合は、詳しく説明してくれます。
ネットショップの中には老舗のジュエリーショップが店を出しているケースもあります。
実績がある老舗のジュエリーショップであれば、安心してダイヤモンドを購入することができます。

ネットで買ったダイヤモンドの適切な保管方法

ダイヤモンドは他の宝石を傷つけてしまうかも

ネットでダイヤモンドを購入したら適切な保管方法をしなければ他の宝石を傷つけてしまう可能性が出てきます。
ドレッサーの引き出しにそのままごちゃっと入れる人も多くおられますが、ダイヤモンドはそれぞれが触れないようにすることが大切です。
ダイヤモンドは地球上では最も硬い物質ですが、硬いがゆえにほかのものが簡単に傷つきます。
もちろんダイヤモンド同士でも傷つけあってしまうので、せっかく購入をしたものが輝きを失ってしまうことになりかねません。
硬いから傷なんてつかないだろうと考えるのも間違った考えなので気を付けるべきです。

専用ケースや小袋に入れるのが良い

caseダイヤモンドの上手な保管方法は、専用のケースとか小袋に入れるのが最もいいとされています。
そうしておかないと他の貴金属を簡単に傷つけてしまいますし、気が付いたらジュエリーボックスの中の宝石とか貴金属が傷だらけになってしまうので気を付けないといけません。
ジュエリーボックスにも仕切りがあったり一つずつ宝石を保管できるようなタイプであればベストです。
とにかくごちゃまぜにほかの宝石と入れないことが大切です。
表面に傷がついてしまうとそれだけで輝きが失われてしまい後悔することになります。
専用ケースや小袋はとても大事です。